実業家・箕輪厚介の経歴まとめ!オンラインサロンはどんなことしてる?

hananoreeのページをご覧下さりありがとうございます。

2020年3月29日の『BACK STAGE』に
天才編集者の箕輪厚介さんが登場!
編集者でありながら実業家としても
天才っぷりを発揮されている箕輪厚介さんは
オンラインサロンを運営しています。
そのオンラインサロンは
一体どんなことをしてるのか?
これまでの経歴と共に調べてみたいと思います!

スポンサーリンク

天才編集者であり実業家・箕輪厚介のプロフィール

天才編集者として、
言わずと知れた箕輪厚介さん。

とは、言ううものの
あまりよく知らないという方へ
まずは、どんな方なのか簡単なプロフィールでご紹介!

出典:Twitter

出身:東京都

生年月日:1985年8月25日

年齢:34歳(2020年で35歳)

出身大学:早稲田大学

所属会社:幻冬舎

箕輪厚介さんは、
早稲田大学の第一文学部を卒業しています。

早稲田大学といえば、
言わずと知れた有名大学です。

今現在34歳と若くして
編集者として優れた才能を開花させ、
”言わずと知れた天才編集者”として有名になりました。

箕輪厚介の大学卒業後の経歴は?

”言わずと知れた天才編集者”として
活躍されている箕輪厚介さんの
これまでの経歴をまとめてみます。

先程のプロフィールでも
ご紹介したとおり、
箕輪厚介さんは早稲田大学第一文学部を卒業しました。
卒業後の経歴をご紹介します!

大学卒業後の経歴
●2010年(24歳)双葉社に入社

・入社後4年間、広告部に配属となり、ファッション誌の広告をとってくる営業職を担当します。
商品の開発やイベントを企画し運営を任されていました。

●2013年(27歳)

・Amazon総合ランキング1位を獲得した「ネオヒルズジャパン」の創刊に携わる。

●2014年(28歳)

・堀江貴文さんの「逆転の仕事論」などの編集を担当。

箕輪厚介さんが創刊に携わった
「ネオヒルズジャパン」は、
与沢翼さんを編集長とした雑誌です↓


出典:Amazon

ターゲットを
”年収1000万超を目指す若きビジネスマン必読マガジン”なのだそうです。

なんともパンチのある表紙です!

ちなみに、
編集長である与沢翼さんという方は、
ドバイ在住の実業家であり投資家です。

箕輪厚介さんと同じ早稲田大学卒業で、
箕輪さんより3歳年上です。

なんだか、箕輪厚介さんと同じように
「天才肌」って感じがします。。

元々

この雑誌の創刊に至るまでは、
箕輪さんが奮闘したようです。
そのエピソードが、
広告営業から天才編集者として活躍することになったエピソードをご紹介します。

スポンサーリンク

広告営業から天才編集者へとなったエピソード!!

箕輪さんは当時、
広告部で「エッジスタイル」を
担当しており、雑誌の取材で
与沢翼さんに出会ったのがきっかけで、
与沢翼さんの人柄に好感を持ちました。

「この人の雑誌を作りたい」と思うようになり、
与沢翼さんも雑誌を作りたいと思っていて、
自然と話が進んでいって、
雑誌「ネオヒルズジャパン」をつくることになります。

与沢翼さんが制作費を出すということから
広告部であった箕輪さんが担当することになります。

が、会社側からは
「お金持ちの自慢みたいな雑誌は…」と反対されました。

箕輪さんは反対されても、
この雑誌への思いや情熱を話して会社側を説得して、
制作することになり、
最終的に箕輪さんが編集を担当することになったそうです。

そして、結果的にアマゾン総合ランキングで1位になるという偉業を果たしました!

これがきっかけとなり、
編集者として活躍することになったようです。

編集者として幻冬舎へ入社

広告営業から天才編集者としての
道を切り開いた箕輪さんは、
約4年間務めた双葉社を退職し、
幻冬舎に入社することになります。

●2015年(29歳)幻冬舎に編集者として入社

・天才編集者として数々の著名人の編集を担当する。

堀江貴文さんの
「多動力」「東大から刑務所へ」

見城徹さんの
「たった一人の熱狂」

前田裕二さんの
「人生の勝算」

古坂大魔王さんの
「ピコ太郎のつくりかた」などなど…

●2016年(30歳)
・堀江貴文さんのオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」で特任教授を任される。

●2017年(31歳)
・箕輪さん自身のオンラインサロン「箕輪編集室」運営スタート。

●2018年(32歳)
・株式会社エクソダス取締役に就く。
クラウドファンディングでオープンな出版を目指す会社。

双葉社の頃と幻冬舎の頃に
共通して、堀江貴文さんの著書の
編集に多く携わっているな~
と思っていたら、
堀江貴文さんの運営するオンラインサロンに
特任教授として活躍されていました。
類は友を呼ぶ…といった感じです。

堀江貴文さんの「多動力」とは
ざっくりいうと、
”色々なことを同時にこなす力”のことを
言うのですが、それを体現するかのように、
箕輪厚介の経歴は
1年ごとに変化があってスゴイ…と感じます。

そんな箕輪厚介さん自身が
運営するオンラインサロン「箕輪編集室」は
どんなことをしているのか調べてみます!

スポンサーリンク

箕輪厚介のオンラインサロン「箕輪編集室」はどんなことしてる?

オンラインサロン「箕輪編集室」とは
どういうものなのか?
ご本人の説明をホームページから
抜粋させていただきました。

1,000名近くのメンバーが、自分たちの居場所を箕輪編集室に見出し、活動しています。動画・写真・デザイン・イベントなど、最高峰のクリエイティブを手がける一方で、飲み会・スポーツなどのイベントや、リアル拠点であるシェアハウス「みの邸」の運営など、仲間との“居場所”も作り出しています。

価値観の合う仲間が「箕輪厚介」という待ち合わせ場所に集い、自分たちの居場所を見つける。
それが箕輪編集室です。

引用:箕輪編集室HP

最先端の技術を持つクリエイターが
数多く在籍されているようです。

ご自身が編集者というクリエイティブな
仕事をされているだけに、
オンラインサロンも
クリエイティブな人たちの集まりのようです。

当初は、箕輪さんが多忙になり、
手が回らなくなってきたので、
アシスタントを少人数集めるために
立ち上げたようです。

なので、
元々は本の編集が目的だったようですが、
様々な分野のクリエイティブな人が
集まってきて、本だけじゃなく、
動画や写真・イベントなど多岐に渡る
クリエイティブ集団になっているようです。

それが、1000名ほどになるとは…
天才編集者・箕輪厚介さんという方のスゴさを感じます!

箕輪さんの実業家としてのノウハウで、
制作・マーケティング・プロデュースなど
トータルでコンサルティングしているみたいです。

「箕輪編集室」の活動

  • オンライングループでの交流
    facebookを使ったオンライングループで非公開で交流しているようです。
  • リアルイベントやビデオ会議などで交流
  • クリエイティブ制作(動画やwebバナーのデザインなど…)

オンラインだけじゃなく、
オフラインでリアルイベントなども
開催されているようです。
堀江貴文さんや見城徹さんなどの
豪華ゲストが登場することもあるそうです。

「箕輪編集室」のメンバーになるには…

・公式サイトからアクセス

・月額制で¥5,940(2020年3月時点)

学生割や高校生割、東南アジア割といった割引もあります。

割引の種類からみても、
学生から国を超えて
多種多様な人がメンバーになれるようです!

クリエイティブな技術を学んだり
制作したりと、すごいコミュニティです。

まとめ

箕輪厚介さんの経歴

●2010年(24歳)双葉社に入社

広告部に所属し営業を担当。

●2013年(27歳)

・Amazon総合ランキング1位を獲得した「ネオヒルズジャパン」の創刊に携わり編集者としての道を開拓。

●2015年(29歳)幻冬舎に編集者として入社

・天才編集者として数々の著名人の編集を担当する。

●2016年(30歳)
・堀江貴文さんのオンラインサロン「堀江貴文イノベーション大学校(HIU)」で特任教授を任される。

●2017年(31歳)
・箕輪さん自身のオンラインサロン「箕輪編集室」運営スタート。

●2018年(32歳)
・株式会社エクソダス取締役に就く。
クラウドファンディングでオープンな出版を目指す会社。

オンラインサロン「箕輪編集室」の活動

  • オンライングループでの交流
    facebookを使ったオンライングループで非公開で交流しているようです。
  • リアルイベントやビデオ会議などで交流
  • クリエイティブ制作(動画やwebバナーのデザインなど…)

 

実業家として
オンラインサロンの運営や
エクソダスの取締役で活躍されている
箕輪厚介さんは、
現在も幻冬舎に所属し編集者として
活躍されています。

これだけ、実業家として
活躍されているなら、
独立していそうだと思いますが、
箕輪さんは、
”会社員という制約がないと頑張れない”から
フリーにはならないのだそうです。

箕輪厚介さんという方は、
天才編集者であり実業家として
まさに、「多動力」のある方でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする