南部なおとってどんな人?wiki経歴!菅首相の歌の歌詞を書いたのは誰?

こんにちは!

秋めいてきてだいぶ涼しくなった
日曜日の夕方・・・

テレビをつけると
サンデーステーションで
菅首相の人生の応援歌を歌っている
南部直登(なんぶなおと)さんが
紹介されていました。

南部なおとさんは日ごろ、
生保マンとして働いている方で
歌手もしている方ということで、
どんな人なのか、もう少し掘り下げて
調べてみることにしました!

南部直人さんの経歴をwiki風にまとめみました!

そして、
菅首相の応援歌「一途に前を」の
歌詞は南部なおとさんではない
別の方が作詞していたので
作詞している人は誰なのかについても
調べてみました!

スポンサーリンク

南部なおとってどんな人?wiki経歴!

菅首相の応援歌「一途に前を」を
歌っている南部なおとさん。

メジャーな方ではないので
どんな経歴の持ち主なのか
wiki風プロフィールでまとめてみました!

出典:http://nanbunaoto.com/

本名:南部直登(なんぶなおと)

出身:福井県

生年月日:1950年9月7日

年齢:70歳

所属:テイチクエンタテインメント

趣味:作曲・ジャズギター・ラジコン飛行機

南部なおとさんは、
7歳の頃からバイオリンを
習っていたそうで、
幼いころから音楽に
慣れ親しんでいたようです。

南部なおとさんが
お生まれになったのは昭和25年。
終戦から5年後。

日本はまだまだ
貧しかった時代だったでしょうし
幼少期でバイオリンを
習っていたということは、
お育ちが良かったのでしょうね。

趣味のジャズギターでは
2006年に開催された
「ギブソン・ジャズギターコンテスト」
で特別賞を受賞された経歴もあるそうですよ。

それでは音楽経歴を見ていきます!

南部なおとの歌手経歴

南部なおとさんが
メジャーデビューしたのは1976年の26歳のときでした。
「南部直人とラブロマンス」という
バンドを組んでバンドマンとしてデビューしました。

当時は「日本コロムビア」という
レコード会社に所属していましたが、
2007年に現在の
「テイチクエンタテインメント」に所属。

NHKの「歌謡コンサート」などの
歌番組にも出演していたそうです。

2008年にリリースした
「九頭竜の流れ」はオリコンチャートに
ランキング入りしていました。

2010年には、音楽を通しての
社会貢献活動が評価されて
「東久邇宮文化褒章」
(ひがしくにのみやぶんかほうしょう)
を受賞されるなど活躍されていました。

2015年は日本作曲家が主催する
「オリジナルソングコンテスト」で
グランプリを受賞

2016年には、2014年にリリースした
「盛春の歌」が団塊の世代のあいだで
応援歌として人気が出て注目されました。

この曲は南部さん自身が、
長嶋茂雄さんをイメージして作曲したそうです。

手紙と共にCDを長嶋茂雄さんに
贈ったそうで、長嶋茂雄さんから
励ましの言葉が書かれた色紙が
所属事務所に送られてきたそうです。

長嶋茂雄さんの粋な計らいが素敵ですね!

大物有名人との接点は他にもあり、、

2017年には、元宝塚ジェンヌの
紫吹淳さんとのデュエット曲を
リリースしていました↓

南部なおと&紫吹淳 「この愛よ、いつまでも」2017年3月1日発売

大物女優さんと一緒に歌を出していたとは。。。

有名な方だったのですね!

次は、
南部さんの普段のお仕事である
生命保険の会社員としての経歴を
みていきます!

南部なおとの生保マン経歴

南部さんは、
1976年のメジャーデビュー後は
バンドマンとして順調でしたが、
1980年代に入るとだんだんと
仕事が減ってしまいます。

そんなとき、
バンドを務めていたクラブに
来たお客さまのなかに
日本生命のセールスレディーの方が
いらっしゃって、生保セールスの
仕事を勧められたそうです。

生活費を稼ぐため、35歳の時に
日本生命のセールスの仕事を
始めたそうです。

生保の営業マンとして
努力を積み重ねて
1ヶ月に1億円の契約を取っていた
というのだから驚きです!

当時の月給は100万だったそうですよ!

おまけに、何万人といる
日本生命の社員のなかで
100人程度といわれている
国際組織MDRTという
生保と金融サービスのプロ中の
プロだけが入ることを許される組織に
20年以上選ばれるほどの
実力をお持ちだというのだから驚きです!

スポンサーリンク

南部直登さんが菅首相の応援歌を歌うことになったきっかけは?

南部直登さんが菅首相の
応援歌を作ったのは2014年の頃。

一途に前を(意志あれば道あり)

菅首相の応援歌を作ったきっかけは…

南部さんの知り合いの人が
菅首相を支援している
企業経営者の方で、
その方からの依頼で制作したそうです。

菅首相はその頃、官房長官として
任務にご尽力されていて、
南部さんさんのお知り合いの
経営者の方が応援の気持ちを、
歌で届けたいという気持ちにこたえたそうです。

南部なおとさんが歌う菅首相の応援歌「一途に前を」の作詞をした人は誰?

南部さんは「一途に前を」の
作曲を担当されています。

作詞はまた別の方です。

「一途に前を」の作詞は・・・
ペンネーム「吉住ノブ」さんという方だそうです。

この方は南部さんが
千葉テレビの「Jソングアワー」という
歌番組に出ていた時の、
ディレクターの方で歴史系が得意で
センスのある人なのだそうです。

歌詞のなかにあるこちらのフレーズ…

風や嵐はいつかは終わる

引用:「一途に前を」歌詞より

菅首相がよく口にしている言葉なのだそうです。

曲のサブタイトルは
「意志あれば道あり」で
菅首相の座右の銘を使っているのだとか。

この応援歌がきっかけで
菅官房長官とご対面を果たされました↓


出典:http://nanbunaoto.com/gallery.html

南部なおとさんのこの曲が
菅首相だけではなく、
もっと多くの人に届くといいですね!

まとめ

●南部なおとさんは、7歳の頃からバイオリンを習っていた

歌手デビューしたのは1976年の26歳

生活費を稼ぐため、35歳の時に日本生命のセールスの仕事を始めた

南部直登さんが菅首相の応援歌を作ったのは2014年

●菅首相の応援歌を歌うことになったきっかけは…
南部さんの知り合いの人が、菅首相を支援している企業経営者の方で、その方からの依頼で制作

「一途に前を」の作詞は・・・ペンネーム「吉住ノブ」さんという方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする