安斉かれんセリフが棒読みで大根役者と評価も…新人歌手が抜擢されたワケ

hananoreeのページをご覧下さりありがとうございます。

「M愛すべき人がいて」で
女優デビューしたavex新人歌手の
安斉かれんの演技が棒読みで
大根役者と評価の声が…
ドラマに抜擢された理由を探ってみました。

スポンサーリンク

安斉かれんプロフィール

出典:Instagram

生年月日:1999年8月15日

年齢:20歳(2020年で21歳)

出身:神奈川県

血液:B型

身長:157cm

所属事務所:avex

【経 歴】

2019年 4月
化粧品ブランドM.A.Cのブランドモデルとなる

2019年 5月
歌手デビュー
デビューシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」

2020年 4月
「M愛すべき人がいて」で女優デビュー

安斉かれんさんは、
お父さんが日本人。
お母さんがフィリピン人のハーフです。

それにしても
顔立ちがきれいですよね!

綺麗すぎてアンドロイド人形に似てると思いましたw

身長は157cmと思っていたよりも小柄です。

「M愛すべき人がいて」を観てたので、
画面越しで見る感じだともっと身長高くみえました。
足もスラーっと長くてスタイルがいいと
身長がそんなに高くなくても小柄な印象はなくなるんですね!

うらやましい限りです。。

そんなかれんさんは
小さい頃からお父さんの影響で
音楽好きだったみたいで、
小学生の頃はエレクトーンを習ったり、
中学校では吹奏楽部に入部して
サックスを吹いたりしていたそうです。

小さい頃からそういった楽器に触れて
育っていたかれんさんですが、
「喉も楽器」と意識しはじめた結果、
高校に入ってから歌の勉強をしてみようと
avexアーティストアカデミーに入ったそうです。

ですが、
歌手を目指してめちゃくちゃ本気!
というよりは
ちょっとやってみようレベルだったのだとか…

avexアーティストアカデミーって
そんなに気軽に入れるものなの?!
と思って、どんな感じなのかざっくりと
調べてみたところ、
初級者レベルから上級者レベルまで
クラス分けされているみたいで
年齢は30歳以下と制限がありましたが
めちゃくちゃハードル高いという印象ではなさそうです。

入学金が25000と事務手数料5000円
月謝は中学生以上で
16000円のライトコースか
26000円のコースがありました。

ちょっとやってみようかなレベルで
これだけのところに入れるということは
お育ちがいいのでしょうね。

高校は中退したそうなのですが
レッスンに通いながら渋谷のショップで
働いていたそうです。

そして、
このスタイルとルックスから
デビュー前にもかかわらず
ファッションモデルとしても活躍していたそうです。

デビューシングル「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた」は、かれんさん自身が16歳の頃に作詞していた曲だそうです。

デビュー曲はこちら↓

安斉かれん / 世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた (Prod.by ats-)

16歳といえば高校1年生の頃です。
高校を中退していることを考えると
個人的な想像ですが、
なにか嫌な経験をされていたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

「M愛すべき人がいて」でセリフが棒読み、大根役者…ネットの反応

現在2話まで放送されていますが、
早くも反響がすごいようですね!!

安斉かれんさの演技がこちら↓

この演技に対してネットでの反応がこちら↓

安斉かれんの演技が かなり棒読みすぎる・・・

引用:Twitter

安斉かれんは演技棒だけど、初心者だからこそ必死なんだろう。

引用:Twitter

あゆ役の人は棒読みで演技下手すぎるし、水野美紀はキャラ濃いし色々と面白いww

引用:Twitter

うーん。。

確かに棒読み感は否めないですよねw

とは言うものの個人的には…

アユ役
安斉かれんさん→棒読み

マサ役
三浦翔平さん→熱血キャラ

天馬まゆみ役
水野美紀さん→強烈キャラ

姫野礼香役
田中みな実さん→強烈キャラ

その他にも強烈キャラが多いので、
アユ役の安斉かれんさんの棒読み感も
強烈キャラの要素の一部なのか…と思っちゃうほどですw

もしくは、強烈キャラの渋滞する中で
安斉かれんさんの棒読みでうまく調和が取れてるんじゃ…とさえ思えてきます。

これで、アユ役まで
感情表現豊かな配役だったとしたら
キャラが渋滞しすぎて麻痺っちゃいそうだなとww

安斉かれんさんの棒読み具合が箸休めみたいな感じというか…。

私は嫌いじゃないなぁと思いました!

安斉かれんさんご本人は

演技することに対してこうコメントされています↓

「アーティストとしての仕事は自分をどんどん出して表現していくんですけど、お芝居は役になりきることを求められるところが真逆なので、演じること自体がとても難しかったです。役作りのために、原作をたくさん読んだりPVを見たり、台本を読み込んでイメージを膨らませて臨んでいます」

引用:https://109news.jp/culture/20200417/187901/writer02?detail

アーティストと役者との違いを
肌で感じて、自分なりに努力をされているようです。

スポンサーリンク

安斉かれんが「M愛すべき人がいて」に抜擢されたワケ

決して演技がうまい
というわけではないのに
安斉かれんさんが抜擢されたのはなぜなのか…

浜崎あゆみさんと安斉かれんさんの共通点は

・事務所がavex
・高校を中退
といったところでしょうか。。。

抜擢されたワケを探してみると
このドラマのプロデューサー服部宣之さんのコメントに答えがありました↓

一番決め手になったのは「M」はある種、ドラマ的にもドキュメンタリーだな、というところでした。福岡から上京してきた無名の女の子が、あっという間にマサの力によってスターになっていくお話なので、実際、このドラマの中でも、初ドラマ、初出演、初主演の安斉かれんさんが、三浦さんと出会うことで成長していく姿を全話を通して描けたら、すごく面白いな、そこに賭けてみようと思いました。安斉さんの意志の強い瞳も凄く印象的でした。

引用:https://www.cinemacafe.net/article/2020/04/27/66880.html

ただ単に
演技を魅せるドラマなのではなく、
演じている安斉かれんさんが
1人の女性としてドラマと共に
成長していく姿を魅せていこう!
という制作側の思いが込められていたのですね!

制作側の思いを知らずに見ると
このドラマの真の面白さがわからないところでした。

ストーリーも気になるところですが
安斉かれんさんがどんな風に成長していくのかも気になります!

ドラマのストーリーと
安斉かれんさんの成長と
2倍の楽しみになりますね!!

まとめ

「M愛すべき人がいて」に安斉かれんさんが抜擢されたワケは…

ただ単に演技を魅せるドラマなのではなく、主人公を演じる安斉かれんさんが1人の女性としてドラマと共に成長していく姿を魅せていこう!

という制作側の思いが込められていた!

浜崎あゆみさんのように
”令和の歌姫”となっていくのでしょうか…!

安斉かれんさんのこれからの成長ぶりが楽しみです!!

最終回までいったら
初回と見比べてみたいなと思いました!

「M愛すべき人がいて」に関する記事はこちら↓

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする