ゆきぽよが冒険少年で泥水を飲んでた「浄水ボトル」のメーカーや値段は?

このページをご覧下さりありがとうございます!

2020年7月27日放送の『アイアム冒険少年』にゆきぽよが初参戦するみたいですね!
過酷な状況の中で、透明の水筒みたいなもので泥水をガブ飲みしているゆきぽよの姿が!

と思ったら、ちゃんと浄水機能がついた「ろ過ボトル」みたいですね!
災害のときにも役立ちそうなアイテムだったので、メーカーや値段が気になり調べてみました!

スポンサーリンク

ゆきぽよがアイアム冒険少年に初参戦!泥水をがぶ飲みしている衝撃画像!

今回のアイアム冒険少年に、ゆきぽよが参戦しますね!

ゆきぽよさんといえば、モデルだけじゃなく、タレントとしても大活躍でテレビに引っ張りだこですよね。

勝手なイメージですが、虫も苦手そうだし、サバイバル生活なんてもってのほか!という感じがしますw
そんなゆきぽよさんが、体を張って自然界の中で生活するとは、なかなか驚きです!

今回、ゆきぽよさんのライバルとなるのが、あばれる君とプロレスラーのオカダ・カズチカさんです。

あばれる君といえば、ナイフひとつでサバイバル生活を乗り切ってしまうプロ級のワザを持っています!

オカダ・カズチカさんはプロレスラーということで、身体能力が高そうですし、ゆきぽよさんにとってはかなりの強者がそろっています!

ゆきぽよさんは、この2人にどうやって対抗していくのでしょうか。

そんなゆきぽよさんのサバイバル生活の様子の一部が、CMでも放送されていました。

そこに映っていた光景が衝撃的でしたのでどうぞ↓


出典:https://www.youtube.com/watch?v=zlwaP-q7624

ゆきぽよさんが地面に溜まっている泥水を透明のボトルに汲んで…

そして…その泥水を…


出典:https://www.youtube.com/watch?v=zlwaP-q7624

ガブ飲みしたではないですか!!

人が生きていく上で大切な「命の水」。
水が大事と言っても、さすがに泥水は飲めたものではありません!!

いくらサバイバル生活で自給自足といえども…汚い水はさすがに無理ですよね!

ぱっとみた瞬間は、どう見ても泥水飲んでるーーー!
と思いましたが、そんなはずありませんよねww

よく見てみると、ボトルのキャップ部分にからくりがありました。

浄水機能がついたボトルのようですね!

スポンサーリンク

冒険少年でゆきぽよが使っていた透明のボトルのメーカーや値段は?

泥水さえも飲水にしてしまうという、なんとも便利グッズです!

防災グッズとしても役立ちますよね!!

最近では、各地で豪雨災害があり、自然災害が絶えない日本ですが、こういうときだからこそ、日頃から防災意識を持っておくことって大切ですよね!

その視点からすると、この「アイアム冒険少年」は、芸能人のサバイバル生活がみれる楽しみだけじゃなく、自然界の中で自力で生きていく術を教えてくれるいい番組でもあるなと思いました。

一体どこのメーカーのボトルなのでしょうか?

ゆきぽよさんがガブ飲みしている画像を見てみると、「OKO」の文字があります。

調べてみると…

●ろ過ウォーターボトル●

出典:Amazon

メーカー名:OKO(オコ)

550mlと650mlの2種類

参考価格

550ml…¥3795(楽天販売価格)

650ml…¥7154(Amazon販売価格)

OKO(オコ)のろ過ウォーターボトルは、もともとアメリカで発売されている商品でした。

日本でも、Amazonや楽天といった通販で購入することが出来ます

ゆきぽよが使っていた「OKO(オコ)ろ過ボトル」の浄水力は?

OKO(オコ)のろ過ウォーターボトルは、NASA国際宇宙ステーションで使うことを目的に作られた、ろ過の技術が使われています

なので、浄水力はかなり高いようです。

その浄水力の高さは、なんとコーラを透明にしてしまうほどなのだそうです!
浄水力の高さを証明するために実際にOKOのボトルを使って実験している動画がありました。

ÖKO Filter Takes Color Out of Cola

キャップについているフィルターを通ることで、コーラが無色透明になりました!
NASAの技術が使われているだけあって、かなり強力な浄水力だということが分かりますね。

ただし、これは水をろ過する目的で作られたものであり、あくまでも実験のために行っているので、一度コーラをフィルターに通してしまうと、フィルターは使えなくなるみたいです。

フィルターのカートリッジは、500mlのペットボトルで760本分…1日1リットルを目安とした場合、約半年間もつそうです。

ただ、調べる限りでは、現在(2020年7月時点)はカートリッジのみは、在庫切れで販売されていない様子です。。

スポンサーリンク

「OKO(オコ)ろ過ボトル」のメリット・デメリットは?

メリット

●ボトルタイプなので持ち運びに便利

●ボトル自体の重さも、550mlボトルで130gで、650mlでも134gと軽量

●NASAのろ過技術が使われているので安心して水道水を飲める

節約になる

デメリット

保温性はないので常温水になる。

●現時点ではカートリッジのみの販売は在庫切れでされていないので、実質、約半年経ったらボトルを購入しなければならない。

OKOはアメリカの会社ですが、製造は中国でされているみたいなので、今のご時世流通されていないということかもしれませんね…。

調べていると、こんな注意書きがありました↓

本来のご利用はあくまで水道水をろ過するためとなります。(ボブル商品も同様に水道水でのご利用です)
川の水などの水道水以外でのご使用は危険ですので絶対にご利用にならないで下さい。

引用:https://item.rakuten.co.jp/7dials/oko550ml/

・・・・。

ゆきぽよさん、思いっきり水道水以外で使ってましたが…

あの泥水…川の水よりも水質悪いはずです…。

無事にロケを終えて放送されているということは、体に害はなかったということでしょうから、大丈夫なのでしょうが…。

お腹壊してなかったらいいですけど…ちょっと心配になっちゃいましたww

まとめ

ゆきぽよさんが泥水を飲んでいたボトルは…

●「OKO(オコ)」というメーカーでアメリカ発の「ろ過ボトル」だった。

●参考価格は…

550ml…¥3795(楽天販売価格)

650ml…¥7154(Amazon販売価格)

●カートリッジは1日1リットルの使用とした場合、約半年間もつ。

●カートリッジのみは、現在は販売されていない。

●NASAのろ過技術が使われていて浄水力が高い。

●ボトルは軽量で持ち運びに便利。

●保温性がないので常温となる。

●水道水以外の水では使用しないほうが良い。

この「ろ過ボトル」には浄水力の高さがあるので、口に入るときは無色透明の水となるのは分かっているのですが、泥水を見ながら飲むのは、結構勇気がいるよなぁと思いました…。

ゆきぽよさんが「ろ過ボトル」を飲んでいる姿がとてもたくましかったですね!

普段使いもいいですが、防災グッズとして持っておいても良さそうです!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする