MEGUMIは顎のエラ削った?若い頃と今現在の顔の輪郭に違いは?

「今夜くらべてみました」数々の美容法で顔が進化して年々綺麗になっているMEGUMIさんが登場!

若い頃のMEGUMIさんは顎のエラが張っていましたが、現在は顎ラインがすっきりしているように見えます!
ただ、今くらに出演した時の髪型がちょうど顎のエラのところが隠れていて今の顎のラインが分かりにくかったので、今現在と若い頃の顔の輪郭を比較!

MEGUMIさんは美容整形で顎のエラを削ったのか調査!

MEGUMIの顔が変化して進化!

「今夜くらべてみました」に登場したMEGUMIさんの顔が30歳の時より若返っていて驚きです!

最近は昔ほどテレビであまり見かけないので、顔の変化を意識してみたことがありませんでしたが、言われてみると綺麗になってるな…と感じてはいたような気がします。

今くらの予告で、30歳の頃と今現在の顔を比較していました!


出典:https://www.youtube.com/watch?v=meyqlvRKTqc&t=19s

こうやって、まじまじと見比べると若い頃との違いがはっきりと分かります!

どこが違うのか…挙げてみると、

  • ほうれい線が薄くなっている
  • 顔の輪郭がすっきりしている

大きな違いといえば、この2点かなと思いました。

MEGUMIって何歳になった?

歳を重ねているのに、30歳の頃より若返っているMEGUMIさんの顔。

MEGUMIさんは現在何歳になったのか、ここでプロフィールを見てみたいと思います(^^♪

本名:古谷 仁(ふるや めぐみ)

生年月日:1981年9月25日

年齢:40歳(2021年時点)

血液:A型

出身:岡山県

身長:158㎝

今年で40代に突入したMEGUMIさん。
30歳の頃より若く見えるMEGUMIさんはれっきとした美魔女ですね!!

若い頃はグラビアアイドルとして活躍していましたが、現在は女優として活躍されています。

プライベートでは、2008年に第一子の妊娠が分かり、当時付き合っていたDragon Ashのボーカルを担当していた降谷建志(ふるやけんじ , 本名:古谷建志)さんと結婚。

2009年に長男を出産しました。

MEGUMIさんの子供は1人で、12歳の男の子の母親として、女優・タレントとして活躍されています!

MEGUMIが美容に目覚めたのはいつ?

芸能人という職業柄、美容に興味がないわけではなかったのでしょうけど、MEGUMIさんはこれまでに1000種類もの美容法を試していたというので、美容に目覚めたのはいつだったのか気になります。

調べてみると、

MEGUMIさんが美容に目覚めたのは30歳を過ぎてからだったようです。

きっかけは年々深くなるほうれい線

先ほど挙げたとおり、確かに30歳当時の顔にはほうれい線がくっきりと出ていましたよね。

ほうれい線を改善するために始めたのが、顔のマッサージや保湿を丁寧にすることだったといいます。

特に顔のマッサージは、約7年間ずーっと続けていて、今となっては自分流のフェイスマッサージが出来たそうです。

そして今となっては、40歳になった今が自分史上最高といえる美肌に進化したようです!!
美容の秘訣はフェイスマッサージと保湿だったのですね!

スポンサーリンク

MEGUMIは整形して顎のエラ削った?若い頃と今現在の顔の輪郭に違いは?

ほうれい線は、フェイスマッサージと保湿を丁寧にすることで改善していったのかなと思いますが、MEGUMIさんのフェイスラインがすっきりしているのも気になるところです。

フェイスラインを髪で隠していない画像で、MEGUMIさんの顎のエラに違いがあるのか見ていきたいと思います!!

今くらで紹介されていた若い頃(30歳)のMEGUMIさんの顔画像と、現在を見比べてみると…

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=nYYB6rQNee4

違いが一目瞭然ですね!
顎回りの顔の輪郭がかなりスッキリしています!

これは・・・削ったのでしょうか…。

顎のエラ=骨なので顎のエラをシャープにするとなると整形というイメージが強いです。

実際のところ、顎のエラをスッキリする方法はどういった美容法があるのでしょうか。

調べると、顎のエラの張りの原因は、骨と筋肉の2種類があるそうです。

筋肉は、歯の食いしばりなどが原因で顎のエラまわりに筋肉がついてしまって、エラが強調されてしまうパターンもあるのだとか。

素人目線ですが、ざっくりと調べてみると・・・

筋肉によるエラの張りの場合の美容方法

  • 小顔矯正マッサージで改善
  • 美容外科でエラにボトックス注射を打つ

筋肉だけではどうにもならない骨格が原因の場合の美容方法

  • 美容外科でエラの骨を削る

エラの骨を削る施術は、下顎輪郭形成術と呼ばれエラ縮小手術など数種類あるようです。

いずれも、切開手術をして顎の骨を削ったり、骨を切って移動するといった方法で顎のエラを改善するもののようです。

MEGUMIさんの場合、骨格自体が張っているのか、顎回りに筋肉がついてしまってエラが目立っていたのかは分からないので、美容整形をしたかどうかは不明です。

前述したように、歯の食いしばりで筋肉がついてしまった場合、小顔矯正マッサージで改善できることもあるみたいなので、小顔矯正マッサージの一例をご紹介しておきます。
(といいながら、実は私自身も日頃歯を食いしばってしまうので、エラがきになっていたのですw)

【セルフ小顔ケア】えらを細くする方法!?

ズボラな私でも毎日続けられそうなシンプルなマッサージです(^^♪

そして、MEGUMIさんは2020年10月20日にリニューアルされた「SIMIUS(シミウス)」というメビウス製薬とタイアップしていて、SIMIUSを使ってMEGUMIさん流のフェイスマッサージを披露していたのですが、そのマッサージには顎のエラまわりをほぐすマッサージも入っていました。

マッサージは約7年続けていたということなので、顎のエラがシャープになったのはフェイスマッサージの賜物なのかもしれません。。。

ただ、ひとつ気になったのは、マッサージでシャープになったのなら、今くらに出演したときに顎のエラを髪の毛で隠すような髪型をしないで、もっとオープンに出すのではないか…とも思えました。

マッサージで改善したのなら、それを売りにできそうな気もしますが、あえて隠してあるような気がしてなりません。

もしそうだとしたら…やっぱり…と思ってしまったのでした!(完全なる憶測ですがw)

まとめ

MEGUMIさんが美容に目覚めたのは30歳を過ぎてからで、きっかけは年々深くなるほうれい線を改善したかったから。

若い頃と現在のMEGUMIさんの顔の輪郭は、顎のエラがかなりシャープでスッキリと変化していた。

●顎のエラの張りの原因は、骨と筋肉の2種類。

筋肉によるエラの張りの場合の美容方法

  • 小顔矯正マッサージで改善
  • 美容外科でエラにボトックス注射を打つ

筋肉だけではどうにもならない骨格が原因の場合の美容方法

  • 美容外科でエラの骨を削る

MEGUMIさんの下アゴはかなりシャープになっていたので整形手術で改善された可能性もあるが、整形で自己流のフェイスマッサージを約7年間続けていて、下アゴのエラまわりをほぐすマッサージも含まれていることから、フェイスマッサージの賜物なのかもしれない。

整形で削ったのかフェイスマッサージなのかは不明のまま。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする