中田英寿は引退後何してた?現在は会社の社長で日本の文化をPR!

hananoreeのページをご覧下さりありがとうございます。

2020年4月18日放送の
『世界一受けたい授業』に
元サッカー選手の中田英寿さんが先生として登場!
会社社長として日本の伝統文化を発信する
中田英寿さんは引退後何をしていたのか気になり調査!

スポンサーリンク

中田英寿プロフィール

まずは
中田英寿さんといえば
言わずと知れたサッカー元日本代表です!

引退後は目立ったテレビ出演などを
されていなかったからか、
中田英寿さんが引退したのいつだったけ?

と疑問になったのでプロフィールとともに
経歴をご紹介します。


出典:Instagram

生年月日:1977年1月22日

年齢:43歳

出身:山梨県

身長:175cm

【経 歴】

小学校3年
お兄さんの影響でサッカーを始める

16歳~18歳
ユース時代は全年代別の日本代表に選出される

19歳
アトランタオリンピック出場

21歳
イタリア セリエAへ移籍

23歳
シドニーオリンピック出場

25歳
日本で開催した日韓W杯でW杯で初となるゴール決める

28歳
イングランドのボルトン・ワンダラーズに移籍

29歳
現役引退

海外生活が長かった中田さんは
英語とイタリア語が堪能で、
その他にも簡単な日常会話レベルで
スペイン語・フランス語・ロシア語・ポルトガル語を話せるそうです。

こんなにたくさんの言語を
話せるなんて
スポーツ万能だけじゃく頭も良いのですね!!

現役引退したのは・・・
2006年 29歳のときでした。

引退したときは、
契約期間がまだ残っていたのですが
お金はもう要らないから
引退したいと申し出たそうです。

引退の理由は
サッカーを楽しめなくなったからでした。

「お金は要らない」ってかっこよすぎです!
私も一度でいいから
「お金は要らない」って言えるようになりたい!w

そして、2002年の日韓W杯のとき
学生だった私は、
学校の授業で日韓W杯を観戦して、
サッカーファンではないものの
食い入るようにハマって応援していたのを
思い出しました。。懐かしい。。

ということで、
中田英寿さんは29歳という若さで
惜しまれつつ引退したというわけです。

スポンサーリンク

中田英寿はサッカー引退後何してた?

2006年7月に引退した中田さんは
世界を旅していました!

●訪れた国はなんと約120カ国
150を上回る都市を旅したそうです!!

旅をしながら自分にできることを
探していきたいという思いがあったそうです。

そして、
●引退から1年後の2007年7月には
モナコの居住権を取りモナコに移住しました

bluemamaさんによる写真ACからの写真  

モナコといえばセレブな人が多い国
というイメージがありますよね。

セレブが多いのは、
モナコは外国人居住者の
所得税と二重課税のない国なので
富豪の人が住むにはもってこいの国だからなのだそうです。

※二重課税とは…
お酒やたばこ、ガソリンなど、
消費税と別に物品税が課されていることをいいます。

サッカーで活躍した中田英寿さんは
莫大な資産をお持ちでしょうし
モナコを住む場所として選んだのは
納得という感じです。。

モナコに移住しながらも
旅を続けていた中田さんは、
旅をとおして日本文化が世界から
高く評価されていることを肌で感じたそうです。

一方で中田さんは
日本の文化について自分は
何もわかっていないんじゃないか
と感じたそうです。

ということで、
●2009年から日本全国の旅をスタートしました。

日本全国をめぐって
日本が世界に誇れる文化や技術を
発見していったようです。

その様子がこちら↓

 

↑伝統工芸品づくりを実際に体験したり…

↑陶芸家の宗像利浩(むなかたとしひろ)さんの陶器を肌で感じたり…

↑日本酒の麹づくりをしたり…

見るだけじゃなく
実際に体験しているんですね!

この旅は今でも続いているようです。

こうやって訪れて体験する取り組みは
”日本文化 再発見プロジェクト”
と題して、専用のホームページで情報発信しているようです。

また、
本にもなっています↓


出典:Amazon

2015年に「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」という会社を設立しました。

日本酒を主として
日本文化 再発見プロジェクトで
発見したモノや技術などを
海外へ情報発信したり
イベントの企画から運営をするなど
PR事業の社長として活躍されているようです!

こういった活動から
●2020年4月から立教大学客員教授として就任されています。

これは、
中田英寿さんの
プロジェクト活動に共感した
大学側のたっての希望だったようです。

サッカー以外の道を自らの足で切り開いていき、今に至るようです。

まとめ

●中田英寿が現役引退したのは… 2006年 29歳

引退の理由は… サッカーを楽しめなくなったから

●引退後は…世界約120カ国、150以上の都市を旅していた

2007年7月にはモナコの居住権を取りモナコに移住

●日本の文化を知るために2009年から日本全国の旅をスタート

2015年に「JAPAN CRAFT SAKE COMPANY」という会社を設立

●2020年4月から立教大学客員教授として就任

自分探しの世界旅から
自分に必要なことを見出し、
自らの足で日本の文化を発見して
日本文化を情報発信していく
という使命をもって
今を歩んでいる中田英寿さん。

知名度を生かして
素晴らしい活動をされていると感じました。

Created with Microsoft Fresh Paint

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする