戸矢孝一の仕事は何?自宅ゲーセンにかけた費用は?【アウトデラックス】

こんにちは。

2020年8月6日放送の【アウトデラックス】に自宅にゲーセンを作ってしまった戸矢孝一(とや こういち)さんが自宅からリモート出演!

自宅ゲーセンの再現といっても、まるで本物のゲームセンターでスゴすぎて、この方はお金持ちなんだろうな。一体何の仕事をされているのだろうと気になり調査!

スポンサーリンク

戸矢孝一さんの自宅ゲーセンの再現がスゴイ!もはや本物!!

何やら【アウトデラックス】に自宅にゲーセンを作ってしまったという方が登場するみたいですね!

自宅ゲーセンのレベルが想像以上でもはや本物のゲーセンだったので驚きました!

戸矢孝一さんの自宅ゲーセンがこちら↓


出典:Twitter

こちらのゲーセンは紛れもなく戸矢孝一さんのご自宅の地下部屋だそうです!
何も言わなければ普通に店舗のゲーセンと思っちゃいますよね!

10年前からゲーム機の収集を始めたそうで、4年ほど前から本格的に集め始めたみたいですよ!

本格的に集め始めると段々と置くスペースが無くなってきて、なんと自宅を新築したそうです!!

自宅ゲーセンの夢をかなえるために家まで建ててしまったなんてすごいですよね!

戸矢さんが集めているのは、主に80年代のアーケードゲームです。

現在は家庭用のゲーム機が主流で種類も豊富ですが、アーケードゲームは業務用のゲーム機で昭和から平成の初めの頃に多くの人に親しまれたゲーム機です。

私も小・中学校の頃、兄弟の影響でストリートファイターとかで遊んでいたなぁと懐かしくなります。

その頃は、アーケードゲームを自宅に置くなんて発想はなかったでしょうから、あの頃の時代の人が今の世界を知ったら、度肝を抜かれるでしょうね!

お金やコインを入れて使うゲームを家で無制限にできるなんて、まさに夢のようです!

スポンサーリンク

アーケードゲームの値段はいくらくらいでどこで購入できる?

アーケードゲームといわれるゲーム機は、どこで購入できるものなのでしょうか?

調べてみると…

まず、ゲーム機の本体のことを「ゲーム筐体(きょうたい)」といいます。
ゲーム筐体は、ネットオークションで販売されています。

値段はオークションということもあり、ゲームの種類や老朽化の度合いによって様々のようでうすが、10万円前後のようです。

一例として…


出典:ヤフオク

こちらのゲーム機のお値段は、現在価格12万円です!

なかなかの良いお値段です。。

戸矢さんのように、アーケードゲーム全盛期時代の人が大人になり、再びアーケードゲームを購入して楽しむという方も増えているみたいで、値段は上がってるらしいです。

現に戸矢さんはこうコメントされていました↓

南米やヨーロッパなど各国ではレトロゲーセンも流行っているために日本の業者が軒並み筐体を海外へ輸出してしまい、在庫不足で値段は高騰する一方

…中略…

対戦型格闘ゲームでも最安期では1万3000円ほどだったスーパーストリートファイターIIXが現在は10万円ほど

引用:Yahooニュース

戸矢孝一さんが自宅にゲーセンにかけた費用はいくら?

アーケードゲーム筐体は10万前後ということが分かりました。

となると、戸矢さんは一体自宅ゲーセンの費用にお金をいくら使っているのでしょうか。

戸矢さん自身は、恐ろしくて総額いくらなのかはわからないそうですw

ということで、独断と偏見で計算してみたいと思います!w

冒頭の画像をざっと数えただけで20台くらいあるので…
1台あたり平均して15万としたとき…

15万×20台=300万円

と言いたいところですが…

戸矢さんが購入したゲーム機の中には、世界の中でも貴重なものがあるみたいで、そのゲーム機をアメリカNYから取り寄せて、輸送にかかった費用が150万円だったそうです!!!

そう考えると、ゲーム機の購入だけでも500万円くらいは使っているのではないでしょうか。

その他、ゲーム機自体が年代物なので、買ってすぐに使えるわけじゃなく、修理が必要なものもあったそうです。

ヤフオクにはゲーム機本体と別で、ゲーム機の基盤も販売されていたので、ものによっては基盤を別で購入したりしなければならないこともあるみたいです。

ちなみに、NYから取り寄せた貴重なゲーム機は、修理に1年半かかったそうです。。

おまけに、集めたゲーム機を置くために家を新築で建てていることを考えると、家の大きさにもよりますが、〇千万くらいいっているのではないでしょうか…。

地下室のあるお家ってセレブのイメージがあります。

調べてみると…

一般的に、地下室付き住宅の新築費用は、そうでない住宅の2倍以上になるとされている。2階建てが総工費2,000万円で建設できる場合、その2階建てを地下室付きにすると総工費は4,000万円以上になるわけだ。

引用:https://www.homes.co.jp/cont/buy_kodate/buy_kodate_00116/

地下室を作るためには、防水・防湿対策などの工事費用にお金がかかるため倍以上になるみたいです。

スポンサーリンク

戸矢孝一さんはお金持ち?仕事何してる?

ゲーム機だけでも、〇百万、そしてゲーム機のために新築まで建てちゃうくらいなので、戸矢さんは、どうみてもお金持ちですよね!

戸矢さんは現在42歳でご結婚されています


出典:http://land-mk.com/about.html

お子様がいるかどうかは分かりませんが、独身貴族というわけじゃなく、ご家族もいらっしゃるとなると、一体どんな仕事をされているのだろうと気になるところです。

調べてみると…

戸矢孝一さんは「株式会社ランドマーク不動産」の社長でした。

不動産に関する会社で、平成22年に設立され、群馬県高崎市にある会社です。
戸矢さんの会社の事務所の画像↓

会社の概要は…

自社で買取した戸建てやアパートをリフォームリノベーションをして再生し販売しております。

小さな会社ではありますが、不動産を物件を紹介するだけに留まらず、お客様が抱えている住まいの希望や悩みを解決する総合アドバイザーとして、
買いたい・売りたいお客様のご要望に沿った住まいの提案を行っております。

引用:http://land-mk.com/about.html

会社がある高崎市を中心に周辺の不動産の売買業務をされていているみたいです。
インターネット主体の業務をされているようで、事務所はこじんまりとしているようです。

社長さんをされているということで、大好きなゲームのためならお金を費やしても痛くないんでしょうね!!

自粛生活も楽しく過ごせることでしょう!!

まとめ

●戸矢孝一さんが自宅ゲーセンにかけた費用は…

ゲーム機代とゲーム機を置くための自宅新築代もあるので、〇千万かかっているのではないか

ゲーム機だけでも、500万円以上の費用がかかっていると思われる。

●戸矢孝一さんの仕事は、「株式会社ランドマーク不動産」の社長だった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする