竹原慎二の若い頃を【画像】で振返る!広島の粗大ゴミから世界王者に!

こんにちは。

2020年8月1日放送の有吉反省会に竹原慎二さんが登場!

久しぶりにテレビで観る竹原慎二さんですが、若い頃はガチンコファイトクラブに出てたイメージしかないので、若い頃の画像とともに広島の粗大ゴミと呼ばれていた学生時代から世界王者になるまでを調べてみました!

スポンサーリンク

竹原慎二のプロフィール

まずは竹原慎二さんのプロフィールをご紹介します。

生年月日:1972年1月25日

年齢:48歳

出身:広島県

血液:A型

A身長:186cm

所属事務所:太田プロダクション

私が学生の頃によくテレビに出ていたので、勝手なイメージでもっと歳が上かと思っていたら48歳だったので思ってたよりも若いんだと思いました。

竹原慎二さんは「ガチンコファイトクラブ」のイメージが強すぎて、ガチンコ以降、テレビで見なくなったと思っていたら、ガンを患われていました。

現在は、「有吉反省会」に出演されるなど、元気なお姿を見せていますが、余命宣告を受けたほど深刻な状態だったといいます。

竹原慎二さんのガンに関する記事はこちら↓

闘病生活に打ち勝った竹原慎二さんですが、若い頃はどうだったのでしょうか?

スポンサーリンク

竹原慎二が「広島の粗大ゴミ」と呼ばれていた学生時代

竹原慎二さんは中学生の頃から、根っからの「不良少年=ヤンキー」でした!

同級生からカツアゲをしたり…
喧嘩ばかりして結構荒れてたみたいです。

部活は柔道部に所属して、団体戦で優勝するなど強かったようです。

高校受験は全て失敗してしまい、塗装会社で働くことになります。

働きながらも暴走族に入っていて、喧嘩三昧の日々だったといいます。
お給料のほとんどが、暴走族で活動するためのお金に消えていったのでした。

あまりのヤンキーっぷりに、地元の人からは「広島の粗大ゴミ」と言われていたそうです!!


出典:https://middle-edge.jp/articles/qrgyE

喧嘩した相手が病院送りとなって警察沙汰になりそうになったことを機に、元ボクサーだったお父さんから「喧嘩したいならリングの上でやれ」と言われ、ボクシングを始めることになりました。

ということで、
竹原さん自身がボクシングに魅力を感じて始めたわけではなく、お父さんが警察沙汰になる前にとボクシングを始めさせたのでした。

ボクシングを本格的に始めるにあたり、東京行きを決めました。
それと同時に、暴走族とは縁をきったのでした。

スポンサーリンク

世界王者になった竹原慎二!

竹原さんが、ボクサーになるために上京したのは1988年9月の16歳の頃でした。

東京では内装会社で働きながら、「沖ボクシングジム」でプロ入りを目指しました

竹原さんは、上京から1年も経たないうちにプロ入りを果たします。
1989年5月にプロデビューし、デビュー戦を4回KO勝ちして、デビュー戦にして初白星となったのでした。

プロデビューした年の年末に行われた「東日本新人王決定戦」で「ミドル級新人王」を獲得します!!

その翌年の1990年には「全日本ミドル級新人王」を獲得しました。

プロデビューからわずか2年ほどで全日本の新人王になるとはスゴイ勢いですね!!

1993年に「東洋太平洋ミドル級王座」に上り詰め…

1995年12月19日に、日本人初の「WBA世界ミドル級王者」に輝いたのでした!!

その時の試合がこちら↓

【日本人初の快挙】竹原慎二が世界ミドル級王者に戴冠した試合

若い頃のキレキレの竹原慎二さん!

プロ入りから世界王者になるまで6年!!

しかも日本人初のタイトルを獲得するとはスゴすきますっ!
最後の判定がでるシーンはトリハダが立ちました…!

その翌年に行われた防衛戦では、王の座を奪われてしまいましたが、「広島の粗大ゴミ」と言われた人が、歴史的な瞬間を作ったスゴイ方です!!


出典:https://www.youtube.com/watch?v=NDdwIUxwDx4

沖ボクシングジムの当時の社長だった、宮下会長にはとてもお世話になったみたいで、宮下会長の古希のお祝いにも出席して、一緒にお祝いしたそうです。

出典:https://www.youtube.com/watch?v=Tt2dEjqvk-E

防衛戦のあと、網膜剥離を発症し引退。

引退後は、タレントとして「ガチンコファイトクラブ」に出演し活躍されていました。

ちょうど学生だった私はテレビっ子だったので観ていた記憶があります。
たしか、ラーメンの修行みたいなのもあったような気がする…と思って調べてみたら、『ガチンコ!』という番組は

ボクシングファンというわけでは一切ないのに、なんで観ていたんだろう…と今となっては自分を不思議に思いますが…

そのくらい「ガチンコファイトクラブ」は人気があったことを物語っていますね!

まとめ

ヤンキーだった学生時代に「広島の粗大ゴミ」とよばれていた竹原慎二さんは、プロ入り後6年程の月日で、日本人初の「WBA世界ミドル級王者」に輝いた、スゴイ人物なのでした!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする