めんどくさがりな人必見!便利グッズ-料理編-

先日の記事にもあるように、私の最近のテーマである、「時間をムダにせずいかに効率よく動けるか」について第2弾です!

生きるためには食べないといけません。食べるためには多かれ少なかれ料理をしなくてはいけません。料理に手をかける時間・余裕があればいいのですが、そうも言ってられない!というのが実情です。

いかに時間をかけずに料理をできるか意識しています。

私が時短料理をするときに欠かせない愛用グッズをご紹介します!

愛用グッズでよく作るレシピも少し載せてます!

私のように、料理に手をかける余裕ない!けど何か作らなくちゃ…と思っている方、ぜひご覧ください!!

シリコンスチーマー

これは、絶対に欠かせません!!

むしろお鍋などの調理器具を使わずに、シリコンスチーマーだけで料理完了しちゃうこともあります。

シリコンスチーマーだけでのお料理例

●手間要らず鶏むね肉のしそチーズ巻

【材料】1人分

  鶏むね肉・・・1枚

  しそ・・・3~5枚

  とろけるチーズ・・・お好みで

  塩・・・少々

【道具】ラップ  ・  包丁  ・  シリコンスチーマー

【作り方】

①ラップを広めに敷いて、鳥のむね肉を置いて、包丁で軽く切れ目を入れます。

②塩をまんべんなく振ってラップをして、手のひらを使ってドンドンと叩いて、お肉の面積を広げます。(ストレス発散できる!笑)

③広げたら、しそを一枚葉のまま敷きつめて、チーズをのせて

④下に敷いているラップを使って、チーズを包むように丸めていきます。

 キャンディーの包み紙のように両サイドをねじって、少量の水を入れたシリコンスチーマーへ入れて、 レンジでチンして、できあがり!!

(加熱時間はお肉の大きさやレンジのワットにより異なりますが、私が使用しているレンジは、800Wでだいたい5~8分くらいです。)

☆ココがイイ!☆

材料費が安い

◎料理のあとの片付けがラク!(洗い物は包丁とシリコンスチーマだけ!)

◎食べごたえがあって、おいしい

しそとチーズは相性抜群だし、パサツキがちなむね肉でもラップにくるむからしっとりしてます。

●鍋いらず親子丼

【材料】1人分

  鶏肉(もも肉・むね肉どちらでも)・・・お好きな量で

  玉ねぎ・・・1/2個

  たまご・・・1個

  *白だし・・・大さじ1

  *薄口しょうゆ・・・大さじ1/2

  *みりん・・・大さじ1

  *砂 糖・・・少々(お好みで)

  *料理酒・・・大さじ1/2(あれば)

  *水・・・70ml

  お好みでネギ や しそ

【作り方】

①鶏肉は一口大に、玉ねぎはスライスします

②全ての材料をシリコンスチーマにいれるだけ!

③あとは、レンジでチン(レンジで3~5分)

☆ココがイイ☆

◎鶏肉と玉ねぎ(お好みでネギ)を切るだけで手間いらず!

◎応用すれば他のメニューも作れます!

 ・牛肉にすると牛丼にもなります!

 ・ひき肉 + 水以外の*の材料でそぼろにもなります!

 ・*の分量を増やして肉じゃがの具材を入れると、お鍋要らずで肉じゃがだってできます!

必殺!どんぶり弁当

シリコンスチーマーで作った上記のメニューを仕事のお弁当によく持っていってました。

お弁当のおかず作るのって大変なんですよね~家族が多ければ作りがいもあるのでしょうけど、一人分だとお弁当用のおかずを何品もつくるのは、めんどう。。ということで、丼ぶりならおかずを何品も作らなくていいので最高です!!

お弁当に持っていくときに使っていたランチボックスがコチラ

 

丼もの用のランチボックスです。

これならご飯がふやけずに食べられて、とても使い勝手がイイです!

100均で購入しました。けど税抜で100円じゃなくて、200円か400円だったと思います。

ズボラな私は、おかずのいっぱい入ったお弁当ではなく、丼ぶりお弁当率が高かったです!

私の心理の変化は、お弁当のおかず作るの大変!→冷食詰めるだけでいいや!!→冷食も飽きてきたな~ということで丼ぶり弁当にたどり着きました!

忙しい朝でも、シリコンスチーマーを使った料理で簡単手間いらずでお弁当を作れるのでラクです!

これで、結構助かりました!

以上、便利グッズ 料理編でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする